M-1グランプリ2020の賛否について

M-1グランプリ2020について、各種賛否分かれる意見がある。

自分の意見をまとめるのは大事だと思うので書く。

 

1.レベルの低い大会だった

僕もそう思いますが、それだけを思うのは違うと思います。

運営はコロナで開催できるか?からスタートして大変な苦労がありました。演者は例年のように舞台で調整ができませんでした。

そうした苦労の中で開催できたこと自体、まずは高く評価すべきです。ネタのレベルだけ見て、大会自体に低い評価を下すのは違うと思います。

開催に関わったすべての皆さん、お疲れ様でした。

 

2.マヂカルラブリーは漫才じゃない

漫才です。

漫才じゃなかったら予選でレギュレーション違反で運営が失格にしてます。

テツandトモも昔決勝に出てたくらい。漫才に定義は無いです。(センターマイクはさんで話してたら漫才ってよく言われてはいます)。

 

3.マヂカルラブリーはつまらない

僕は面白いと思いますが、感じ方は個人の自由なので、つまらないと感じる人がいても良いと思います。

僕は別にファンではないですし、他に面白い漫才師はたくさんいます。

ただ、その日の瞬間最大風速はフレンチの前半だった。おいでやすこがの後でハードルが上がった後でこれはすごい。

このすごさと、M-1グランプリ2020で一番ウケて優勝したのはマヂカルラブリーだというのは事実。各所で叩かれてますが、気にしないでほしい。

史上最高得点のミルクボーイと比較しちゃうからじゃないですか?