アクタージュ打ち切り!その後の展開を予測

アクタージュの原作が逮捕された。

類似の「世紀末リーダー伝たけし」作者の例から、即打ち切りからの再開なしになるだろう。続きはもう読めない。

舞台や映画からの作者のインプットによる丁寧な心情描写、少年マンガとしては邪道のようなテーマから王道の努力友情勝利展開など、売り方次第では鬼滅の刃越えの社会現象もあり得る作品だったので非常に惜しい。個人的には読み切りのアサガヤの時からめっちゃ応援してたから泣きたい。

 

アクタージュはプロットが丁寧なことも面白さの一つだ。特に銀河鉄道の夜編は劇中と劇外がクロスして素晴らしかった。

また、○○編→○○編、といった大きい目で見た時のプロットも無駄がなくてすごい。

今後の展開予測が大得意な少年マンガ大好き30代おじさんが、今後描かれるはずだった展開を考察する。

 

1.大河ドラマ

大物女優ババア(名前忘れた)に子役さなぎちゃん、夜凪、環の3人は認められる。努力友情勝利を見せる。

ただし、夜凪対環では環にボコられる。少年マンガの王道として「先に技を見せた方が後に技を見せる方に逆転されて負ける」がある。

大河ドラマでは女子高生を夜凪が演じ、その後に環が大人時代を演じるので、この王道展開通りになり、環の別格さ(夜凪とも千世子とも異質な能力)を存分に見せつけられるだろう。

 

2.さまざまな因縁編

アクタージュは夜凪の能力面の成長を描いているが、あわせて人気面でのシンデレラストーリーも上手に描いている。正体不明の新宿ガールや舞台女優として、人気面を実力に比べて抑えることで、綺麗な右肩上がりの人気カーブを描いてきた。

そして、大河で世間に実力を見せつけた女優となった夜凪。大河女優という肩書で人気面ではゴールになるので、次は最終章だと予測される。

女優としてCMもドラマもやった。次の最終章にふさわしいのは「墨字映画編」だろう。

その手前で、ストーリー全体にかかる伏線回収として「さまざまな因縁編」を描くだろう。

「墨字が環でなく夜凪で映画を撮りたい理由」「謎に包まれた夜凪の父親」「墨字が賞を取ってるのに知名度ない理由」などが明らかになり、最終章に向けての助走がスタートする。

 

3.最終章:墨字映画編

第一話からの目的であった「墨字が夜凪で映画を撮る」が最終章だ。

ただ、「無事に映画撮れて良かったね」では努力友情勝利的に足りない。特に「勝利」には相手が必要である。

最終章にふさわしいアクタージュという作品全体のキーマンで、夜凪・墨字とライバルになりえる格で、映画を作っている人間はただ1人。映画監督である夜凪の父親がラスボスだ。

主人公の親が立ちはだかる場合、親は子の上位互換能力を持つ展開が王道少年マンガだ。夜凪が時折見せながらも周りの友人や家族に救われてきた「没頭の危うさ」みたいなのが、純度高く突き抜けたのが父親だろう。夜凪の母親を捨てたエピソードからも人物描写が一致する。

夜凪家の模様を描きつつ、映画で父親に気持ちよく勝つ。最終回は「○年後、世界で羽ばたく主人公」で綺麗に終わりだ。

 

●まとめ

アクタージュはプロットが丁寧で無駄が無く、展開も王道です。良い意味で期待を裏切らない作品なので、「作品への期待」を盛り込んだここまでの考察は、高い確率で当たっていると思います。

あとは「ラスボス夜凪父が俳優を誰使うか?」が全くわからないです。最終章なので登場人物だいたい出てきうるし、文字通り「役者は揃った」ので、これまで出てきた俳優を2チームに分けて考えると楽しいですよ!

ぜひ皆さんの考察も教えてください。

アクタージュ act-age コミック 1-12巻セット

新品価格
¥9,500から
(2020/8/11 04:35時点)