M-1グランプリ2020 準々決勝感想全部書く

すみません、講評する立場でないんですが、

素人の感想として書いていきます。(随時更新)

最初表示順で見ていたのですが、いつの間にか表示順が変わってたので、途中からあいうえお順で書きます。

あとあいうえお順で見ていて多分期間内に全部見終わらないので、勝ち上がりの不平等が出ないように、動画の最後まで見てません。

 

【パーフェクト・ダブル・シュレッダー】

・ツッコミの人がしっかりしてそうで、アホに見えなかった。エピソードも天然寄り。

ただ短いエピソードで安定して笑い取れるのは能力高い。

・殺人がテーマなので、その設定が出てきた時からしばらく笑いにくかった

・謎が明かされていく感じは面白くて、最後身長が要ることになってつながるのも面白かった

・謎が明かされれば良いので、殺人事件以外のテーマでも作れそう

・見終わった後「冒頭で設定入る前にあれだけ印象付けたアホ設定を本ネタで使ってないな」って思った

 

【ラランド】

・去年から上手かったけど、今年色んなところ呼ばれてか上手さが増した

・ツカミがトイレだし、キルユーとかうんこ漏らすとか、安易なところに行かないでほしかった

・3シーンの構成が良かった。普通の会話(入りだから普通にありそうなやつ)、ホームステイ先に嫌われている(普通からのフリオチでいて遠すぎずに面白いところ)、うんこ漏らしそう(英語リスニングかと思わせて絶対日本語出るシチュエーション)。A,A',Bの綺麗な三段。

・トイレ内でのアイムリーディングアブックは、単に伏線回収としても面白いし、ボケツッコミの外側(潜在的にある、最近のこもりスマホへの苛立ち)ともリンクして、これは大笑い取るわなっていう大ボケだった。

・昨年敗者復活戦の「独特な子供」みたいにサーヤのキャラが出る設定が見たかった。リスニングのナレーション役もケンジ役も「サーヤにしかできない」みたいな印象を受けなかった。

 

マッハスピード豪速球

・コントにした方が民間自転車撤去の設定開示だけで笑いが取れそう。本人たち的にも序盤「もっとウケるはずなのにウケない…!」感が見えてしまった。

・フリの問題で、「普通の撤去かと思ったら民間で勝手にやってる」になるコントと、「腹立たない撤去ですよ、それは民間で勝手にやってる撤去」になってしまう漫才でウケきらなかったのではないか。「腹立たない撤去」って言葉が引っかかったまま進んでしまった印象。設定自体は良いんだと思う。

・コントを漫才に移す時は、設定面白いネタよりボケツッコミを見せたいネタ(サンドさんとか)の方がやりやすいんだなぁ。でもこの二人は設定活かしたコントが面白いから、このまま行ってコントで売れてほしい。

・民間の言い分を「責めきれない」のところが面白かった。自転車撤去は公がやってても理不尽だもんね。

 

ラフレクラン

・例年の決勝で見ても違和感ないくらいレベル高かった。NHKで賞取ったくらいから「浅いハイテンポ」から卒業してて良いよね。

・キャラの構図で、中盤ボケがあれこれ提案する中、ツッコミの人が「どうしても選べない」みたいなスタンスを途中途中出せれば、熱血キャプテンという出したいキャラを出せるし、2人とも強くて見やすかったと思う。

今のだとボケだけ強い暴走気味に見えて、テンポの良い詰め込みに見ててついていききれない感じがあるけど、ボケはあえてこのままにしてツッコミのキャラ強くしてバランス取る感じ。「どうしても選べない」「それだと2択が成立しない」の必然性があってボケが提案してる感じがあると一般のお客さん目線的には見やすい。

・上のとあわせて、やりすぎるとブラマヨになるけど、「彼女がやべーやつ大喜利」以外の方向から「これなら明らかにどちらか選べる」要素を足しても変化が付けられると思った

 

シンクロニシティ

・お噂は聞いていてブログもちょこちょこ見ていたけど、文句なしで面白かった。

・ボケの人がスタンスを貫いているのが良い。序盤「英語ペラペラですよね?」を1セクションごとに入れることで強調できる。ラフレクランに足してほしいのはこれだったのよ。書き起こして教材にしたい。

・後半の変化の付け方がお客さんにハマらなかった印象。だけど構成上妥当なところ突いてるとは思うんだけどなぁ〜。周りが「前半犠牲にして後半の構成力ブースト」してることもあるから、後半のハードル上がりすぎてたのかも。

・ボケの人はあのままでいいんだけど、好感度的な憎めない感じとか出せると床暖房効くかも。おじさんから見るとノーとシャラップの突っぱねもかわいいもんだけど、お客さんに多い若い女性から見た時に笑いやすさはどうなんだろう。自分じゃわかんねぇわ。面白さの割におっさんのハハハが中心で笑い声少なかった気もする。

 

【ダイヤモンド】

・「前半犠牲にして後半ブースト」かと思ったら最初から面白かった

・前半の構成は書き起こして教材にしたい。変化の付け方のお手本。スタバのはさみ具合でフリを印象付けるのが上手かった。

・「飛行機で思い出した話」の変化は「そんなの覚えるよりスタバ覚えろよ」が言えれば良いので、「時間を使わない別の話」にすると失速感ないのでは。ゴーゴーカレーもこれにつなげる用で、ここから失速感あった感じがあるし。

・「スタバと一緒じゃん」に対し「スタバと違う」を出す、という構図だけでシンプルに考えると後半の変化はもっと他のが思いつくかも。種類が何種類があれば何でも良くて。

 

【ママタルト】

・フリとボケツッコミのつながりでウケ切らない感じかなぁ。ボケ単体だと良いのもあるので。

・たとえば「俺が大食い大会に参加するの見てて」からすっと「主催者役(その後何役かやる)」に入ると「役違くない?」って思った。やりたいことは何役かやる方なので、フリの文言かな。

あと「相手見ながら食べろ」はボケとしては面白いんだけど、「お客さんが普通をわかっていて(フリ)、その上で普通と違うことをする(ボケ)」の順が本来なのに、ボケた後に「普通〜〜するだろ」と重めに来たので、笑うというか「ああなるほど」って思ってしまった。

 

アインシュタイン

・顔いじりが直接的すぎて、亭主関白の設定との化学反応が無かった。ボケも本筋というより枝葉のボケが多かった。

・上手かったのは流石。

 

【EXIT】

・売れてから「自分たちを見に来たファン」に普段見せているという環境の変化があってか、今年は厳しそうだった。

・コンビ内いじりとか特にファン相手にはメチャクチャウケるんだろうなぁ。

 

いなかのくるま

・笑いどころの形にはしてるけど、ボケの形になってないので、弱く感じてしまった

・男女コンビはまず関係性を見られるが、お兄ちゃんと妹ですんなり入ってきた。けど禁断の恋とか言われると見方がわからなくなった。

 

【井上好井】

・カールおじさんとマナーの悪い芸人関係者がうまくクロスしてた

・もう少しカールおじさんならではの要素、カールでないといけない理由が使えると良かった気もした

・芸人関係者の話も、M-1予選だからここまでウケたけど、一般目線だと内輪感を感じた。「みんながわかってて、叩いて良くて、叩いても社会風刺とかそういうキツい感じにならない」程度の別の題材があればなぁ。

 

【インポッシブル】

・自分がトムブラウンを好きじゃないので似た芸風はまぁ…。

・徳って言うのは、実力でがんばってる芸人同士どうなんでしょうか

・「覚醒」のネタと、「勝ち上がりたい!徳」のネタは別で1本ずつ作って見たかったなぁ。覚醒は、やりすぎるとトムブラウンだけど、ずっと覚醒してて突っ走ってほしいし、徳は「徳が積めないシチュエーション」には覚醒以外にハマるものがありそう。

 

【ういろうプリン】

・入りが最高だった。「おじさんのキスの話聞きたくない」とお客さんが言いたいことを言ってくれて期待感マックス。

・聞きたくないのを再認識したのに、その話をずっとされたので笑いきれなかった。ボケがだいぶベタだけどツッコミのフレーズが良くて二人の上手さもあったのに、本来取れる笑いが取れてなさそうだった。

 

【Aマッソ】

・レベルが高かった。もともと特徴的な芸風なのに今回とても見やすかったので、この両立はすごい。

・ヒネったツッコミの使い方がもったいなかった。毎回ヒネったツッコミが来て、間も一定に感じたので。

ボケの飛び具合をしっかり見せることにフォーカスしたり、個々のヒネったフレーズが生きる間や、普通のツッコミ→ヒネったツッコミなどの入り方など。「お客さんをついて来させながら、変化をつけて期待を裏切っていく」感じになると理想。

 

【演芸おんせん】

・フリマで余り物のカレーを売る話。面白かった。ふわっとしたフリからするっとしたボケに「確かに」というツッコミは持ち味。

・笑わせ方を何パターンも入れてたけど、絞って深堀りしたものが見たかった。

・ウケてたし面白かったのは「ないないネタ」(カレー屋にのれんのイメージない、とか)だと思うので、そこは今やってる人もいないし、そこに集中すれば大ブレイクの気配もある。

 

【エンペラー】

・大阪だねぇ。

・普段から大阪の劇場だとこんなにウケてるのかな?お客さんにはウケるけど作家にはウケなさそう。

 

【鬼としみちゃむ】

・今大会からアインシュタインを名乗っていい。フォロワー感あるけど追い越してた。

・35歳ロン毛がデブキャラを序盤イジってると少し見づらい感あるかな。パンチのある側がマトモそうな側をイジったら違和感あるのは、アインシュタインで考えるとわかりやすい。

・35歳ロン毛はもう少し痩せた方が隣のデブキャラが際立つ。あと、独特な感じが出るボケ(デブの食べ方は1種類、という主張)がキャラに合ってて面白かったし、ツッコミ側も全体的にスッキリとツッコめてるので、ボケの人はさらに濃いキャラにしても全然大丈夫。というか35歳ロン毛のつかみを聞いた時点で濃いキャラを期待する。

 

蛙亭

・最初から、男のヒジとかジェスチャーで巨乳に当たらないか気になってしまった。二人がくっつくシーンはイライラした(完全におっぱい星人の嫉妬ですすいません)

・この設定で男女入れ替えるのは正解だなぁ。

・このシチュエーションで、入れ替わった男女役が、「共感できすぎる」または「偏見に溢れている」の主軸で作り切るのが見たかった。前者で、クズ男うまいなって最後触れてたけど、もっと振り切ってやったのが見てみたいと思った。

 

風穴あけるズ

・トリオにして大ボケが効いていて、笑えるし印象に残る。

・小ボケの人にも一貫したキャラを与えて(後半のすぐ矛盾するキャラは良かったけど、もっと出てきてからずっと使えるようにして)、シナリオ本筋のゴチャつき感があるボケを整理して進められると良いのではと思った。

 

【ガッツマン】

・2人ともキャラが立ってて上手さもあって見やすかった

・同じボケを繰り返す時は、くどさも笑いに昇華できるような空気感も欲しい。上沼さんはそれができてても怒るけど(マヂカルラブリー)。

 

【カナメストーン】

・楽しんでやってる感があるクレイジー

・ツカミが緊張でない方が、楽しんでる感に早く入れたので良いかも。アイドル握手会に参加したい設定は緊張関係なくできそう。ボケの方向性もフリで「緊張して…」がなくても成立しそうだし。

 

キャタピラーズ】

・面白い漫才コントだった。昔のM-1なら決勝行けそうなネタ。

・面白いんだけど審査員的にどっかダメだったんだろうな。ベタな漫才コントの人で勝ってる人と比較すると、「この人たちにしかできない」感が足されれば同じように勝てるんじゃないか?今は「誰がやっても面白いネタ」だけど、「この2人がやるから唯一無二で面白い」になるように。実力があるから期待したい。

 

【9番街レトロ】

・一般のお客さん的には、「1回わざとスベつてそこから展開」は「本当にスベった」と思ってしまいウケにくさがある。

 

【ぎょうぶ】

・これは寄席でお客さんが力抜いて15分見るタイプのネタだわ

 

【くらげ】

・猫好き設定が出てからが面白かった。

・犬派猫派の最初のくだり削って、去年の女心みたいに「猫詳しいな」を主軸に展開できたのが見たい。硬派からのギャップなら、「犬派猫派で実は猫派」より「かわいい猫ちゃん大好き」の方が落差があって面白そう。

 

【黒帯】

・記憶に残るし構成も良さそう。

・宝塚のキャラは、モノマネでやってる人がいるので、お客さん目線でそこまでの物を求めてしまう。この人たちなりの宝塚表現で昇華してないと物足りなく感じてしまう。

 

【号泣】

・作るの大変だったんだろうなぁ

・使う回文はそのままにして、フリを変えればもっとウケそう。この回文がシチュエーション上ボケになるように。医者と患者の設定に入れ込むのがうますぎてるので、おぉ〜ってなる。いやいや!ってのがもっと見たい。

 

コマンダンテ

・いつの間にか動くネタばっかになったなぁ。

・笑えるんだけど面白さより楽しさな気もする。ここまで動きながらローテンションのキャラを保てて違和感ないのがすごい。

 

コロコロチキチキペッパーズ

・「人で予定が変わる」の設定開示まで短くして、「テレビ埼玉のアナウンサー」みたいな提案大喜利で攻めたのを見たかった。やりすぎるとミルクボーイだけど、弱い毒の偏見とかも入れて。好感度低いランカーだから、その芸風でも打撃なく面白くできそう。

 

【侍スライス】

・カーテンは要らなかったのでは?

・裁判の型で突っ走ったやつが見たかった。わかりにくいって意見とかあって今の形になっちゃったのかなぁ。その意見は持ち味が出せないので無視しても良い気がする。もし無視しないなら、内容がわからない人には動きとか顔とかで笑うし、そういうのが取り入れやすいネタだからそっちでカバーしてもよいのでは。

 

さや香

・種付けの話はちょっと笑いにくいかなぁ。

・「自分一人の行動で変わらないと思ってるやつは投票に行かない」から選挙とリンクするあたりは面白かった。

 

三四郎

M-1審査員に嫌われると言われている歌ネタ

・ボケの人は本当にキモキャラをやりたいのかな?ラブソングからのフリオチで落としたところがそこってだけな気がする

・見やすかったけど小ボケが多かった

・ツッコミのバラエティの感じを期待してしまうので、少しキャラが薄く感じてしまった。

 

【シシガシラ】

・面白かった

・「ハゲ以外のいじり弱い」の設定出るまでが弱いけど、そこは仕込んでる感ありありで期待しながら見てた。

・「弱いいじられ対応」で、最近の「ヒネったツッコミ(ハゲ部分)」を活かし切れてて(メリハリがとてもつく。ヒネったツッコミばかりで食傷を起こすコンビもいる)、ある種ミルクボーイの行ったり来たりな良いとこを入れてきた感じ。

・構成もウケ量も良かったので、自虐がダメと上沼さんが最近言ってなければ可能性あったと思う。

 

ジソンシン

・女の子に嫌がることをするという、小学生か、のわかりやすいボケだから、こっちがボケかと思ったけど、そのおかしな感性のやつが普通にツッコミ(=お客さん目線)で発言してて前半入れなかった。

・幼馴染の設定が追加されて、「嫌がることをしてた意味が変わる」みたいにガラッと構図が変われば面白いんだろうけど、それが来なかった。

 

シマッシュレコード

・「セッションでお客さん退屈する」を言わなければ(戻す方向は「まねっこゲームだから」とかで)、営業最強ネタになりそう。賞レース向きではないけど、営業向けで考えると直すところが無い。

 

笑撃戦隊

ネタ番組呼ばれそう。フックが多いし2分ネタ適性もあるしツイッター民あたりが一個の気に入ったフレーズを消費者するだろうし、芸人株があったら即買いする。

・お笑いの教科書で、あるある→ありそう→ないない、と書いてあったが、それがハマりそう。そんな状況ないだろ!ってないないネタとか、何言ってるかわからないくらいのものとか。仕組みを理解したらお客さんは着いてきてくれるので、後半もっと攻めて良さそう。

 

真空ジェシカ

・面白かったしレベルも高い。見るたび成長してるしそのうち決勝行くわ彼ら。

・グラデーション転校の時点で期待できるし、「俺がそう説明してる」などの飽きさせない小ボケを入れるタイミングも的確。あるあるからないないへの移行が設定の時点で約束されてて最高。

・構成もウケ量も良かったので、高橋一生とかウッチャンとか芸能人を使うから落ちたのかな?

ただ、転校生だと名前言うシーンあるから名前でボケなくちゃいけないし、難しいよね。

自分も芸能人の名前使ったボケが嫌いな方だけど、ウッチャン由来の要素を使いすぎてないから、これくらいなら全然アリ。

・「フォームが井口」「音を置き去り」「音に置き去り」とか、「遠い関係性の人が来る」以外でもないないが出せてて良かった。

 

GAG

・面白いんだけど、散らかってたなぁ〜

・宇宙人と落語師匠を同時にやるというフリで、実際にやるところまでは見やすかったけど、そこから真上に発展しなかったのが。。。横のいろんなところに行ってたよね。

 

すゑひろがりず

・去年の真新しさ枠なので、飛び道具ブーストがかからなかった。

 

【素敵じゃないか】

・あだ名のセンスおかしいやろ!は大阪で流行ってますね。

 

【ストレッチーズ】

・面白かった。なん手詰めのクイズを出し始めたあたりから、軸が見えてブーストがかかった。

・入りがスラムダンクネタかと思わせてから期待できる軸に移るのは4分の新しい使い方。後ろで変化を作りきれないときは前で足し算してもいいんだなぁ。

・でも面白かったし構成も良かったのに落ちた理由て上記のこれかも。前半抑えて後半右肩上がりより、前半スムーズで後半限界突破みたいな右肩上がりが理想だもんな。あとスラムダンクとかアマゾンとか商標系かな。

・「スクール水着をネット通販で買うのはおじさん」「11手詰め」が変化として良かった。

 

スナフキンズ】

・本ネタで思春期の始まりをやるなら、入りがオカンじゃない方が良いと思った。オカン側を見てしまうけど、見せたいのは子供側では。

・強い大喜利を入れられそうなシーンがちょこちょこあって、伸びしろがあるネタだと思った。「こんな大人の階段もある(ホッケみたいなの増やす)」「こんな時に思春期は始まるな(会話中にすっと始まってしまっていた)」とか。

 

【スプリングシュリンプ】

・ザジーさんの良い色が出てていいなぁと思ってたら、繰り返しのくどさが気になってきて、そう言えば普段のピンネタもそうだったわって思い出した。

GYAOだと映像だから伝わらないけど、生音だと会場を呑み込めるし、飛び道具の活きる感じもあってもっと面白かったんだろうな。

 

スリムクラブ

・お客さんの理解度が二極化してきてるから芸風的に大変だよね。M-1が5年空いたから、「1期から見てて空白期もThe漫才見てて2期も見てるお笑いファン」と、一般のお客さんとで、話を聞いた時の予測度に差が開いてる。そこで、多くを説明せずコンビがイニシアチブを取らず、間で進める芸風は、スリムクラブさん限らず環境的に辛そう。

 

【スーパートマト】

・ミルクボーイみたいに偏見に満ちた弱い毒は社会が今求めてるよね。面白かった。

・面接のたとえは一回で良かったのでは?一度硬式は無理って認識してるので、「やっぱり硬式を」のくだりも省けるし。

・軟式経験者ならではの、一般層から見たら「ありそう」くらいのあるあるネタを期待してしまった。

 

セルライトスパ

・中学生の職業体験であることが本ネタで使われてないのが気になってしまった。ボケがガソスタ店員やりたい、だけの入りでも成立するのでは。目先変える用かな。

・見やすかった。

 

大自然

・初めましてじゃなくて、会場まで来るお客さんなら知ってるのでは?わらたまとかゴールデン出たし。

・ウーバーイーツって商標出して、それがダメなやつって設定だと、企業側からするとNGなのでは。誤解マンが本当に品物間違いがあると誤解しそう。

スリムクラブと同じ感想。

 

【たくろう】

・もう少し構成良いネタが売りじゃなかったっけ?

・サディスティックジョーカーが面白かった。カッコつけて恥ずかしいやつだろうなの期待通りで期待以上。

 

【タチマチ】

・嫌われサインも、好かれてるサインも、両方もっと見たかったなぁ。ツッコミが説明してくれるやつはサビって言ってたけど思い切ってキュッとして。

・ツッコミが実は脈無しサインしかもらえてない設定の開示で面白かった。

・「1日1回しかライン来ない子は?→親の携帯借りてる」とか、割と飛距離あるボケで良かった。3つじゃなくて、素で5~変化つけて8くらい入れて、少しお客さんが「別のも見たいな」とあえて思わせてから、後半「好かれてるサインやるよ」の、ツッコミ実は嫌われ展開に入ると「別のを見たいところで別のを見れる」でもっと面白かったのでは。

 

【ダブルヒガシ】

・小ボケが多かった

 

【タモンズ】

・おじさんが誕生日プレゼントの話するなら、おじさんの怒り方以外もある気がした。言い方だけでもっとウケそう。

 

【チェリー大作戦】

・接待〇〇っていうガワが良かった。他のコンビでは「こんなガソリンスタンドはダメだ」「こんなウーバーイーツはダメだ」みたいに、「こんな〇〇はダメだ」だけの1軸で自由すぎて散らかったものづくりになりがちだけど、接待によりダメなことの必然性ができて、やってることは変わらなくても軸が2軸しっかりしてるように見える。

・これも途中見てなくても楽しめるタイプの寄席向けで、構成力も求められる賞レース向けじゃない感じがした。

 

ツートライブ

・設定開示まで30秒の感覚で見てしまうから、ナップサックの話が1分弱で寿司の話になって入れなかった

 

【デニス】

・面白かったしレベル高かった

・普通のドラマという設定とブラジルハーフキャラのミスマッチで、自然にボケになってたのがすごかった。骨がしっかりしていたので、置いたボケでも文句なく笑えて良かった。

 

デルマパンゲ

・チューリップの黄色が咲いてない、に対して「あっ確かに」ってちゃんと思わせてからこういうネタは始まってほしかった。

 

Dr.ハインリッヒ

・型を作ったら型を壊してもほしかった

 

【トムブラウン】

・芸風なので言うことはありません

・尻で折ってるように見えるからすごいよなぁ。吸い込まれてるように見えるからすごいよなぁ。

 

【ドンデコルテ】

・ツッコミの人の話の入り(おっぱいとお尻どっち好き?)がボケなのかと思って見方に迷ってしまった。

・「おっぱいの見方が掛け軸の見方」みたいなのがもっと見たかった。「おっぱいを好きな理由が崇高」ってネタだから、「普通はおっぱいに向けてエロいことをするシチュエーション」(見る、揉む、それとなく肘を当てる、絵を描く、似た感触のものを探すなど)をフリにして「崇高だな」と言いたくなるボケを主軸に重ねてほしかった。そういう意味では2軸がギャップを生みやすくて作りやすい設定

・最初、お尻派の「プリッとして~」みたいなのが生々しくて引いた。この人たちが悪いわけでなく、一般人と芸人の違いなんだろうな。

 

【納言】

・普段通りでしたね

水戸黄門を見るような感覚で安心して街ディスを見るようになってしまった。期待通りだからね。

 

【ななまがり】

・型を作ったら型を壊してほしかった

・この型だと、なんでやねん、なんで太もも濡れてる、みたいなのから、謎が謎を呼び、謎解きにつながるアハ体験的な笑いにするとか、もう1軸あると良かった。

 

なにわスワンキーズ

・大ボケが警察通報担当みたくなってたのが、余り感あった。警察に通報しなくても話の本筋は進むので、本筋に絡める役なら良かった。

 

【20世紀】

・だいたいキャタピラーズと同じ感想

 

【にぼしいわし】

・なんか見ちゃう力があるよね。女性コンビである以外に、新しいことを楽しんでやってる感じがあるからかな?

 

【ネイチャーバーガー】

・指差して叫ぶやつは独自の型で可能性ありまくりだよね。「いーなー」とか型の壊し方も良かった。この型を磨いてくればいずれ上がってきそう。

・ただ、指差し叫びは、ツカミでは相方の「舞台の最後の挨拶」への「純粋なツッコミ」だったけど、途中ボケとしても使われていた。指差し叫びがボケになるのかツッコミになるのかは、上記の変化つけるタイミングまでは片方に絞った方が見やすかった。

 

【バビロン】

・アドレナリン出まくりでやっても、確かに変わってないんだよな

・もっとラーメンのお題無視気味の無茶なボケをやってもいいかも。アドレナリン出まくりでラーメン屋ないないになるとか

 

【パーティーパーティー】

・大阪で何か大きい賞取りそう。もうどこかで獲ってるんじゃない?

霜降りフォロワー感あるけど、さらにツッコミの発明と随所の大ボケが上乗せされて霜降りはM-1獲ったから、何か「システムの発明」感と「目の肥えた客向けのボケ」が乗るといいのかなぁ。

 

【ヒロコヒーとみなみかわ】

・男性のそでが中途半端にめくれてて気になった。あとおでこ強調するならトップスは暗い色の方が映えると思う。女性とのバランスとりつつ布の面積多めなタートルネックとか。

・設定が期待感あっていい。スナックの客は「もっとタチ悪く」「もっと会話成立しないくらい」で、設定だけで教科書通りあるある→ありそう→ないないにできる。ないないをもっと大喜利で詰めて後半ずっとやってほしい。

・女性叩くのは「お客さん引いてしまう、売れたいからやだ」みたいな言い方してたけど、「お客さん関係なく女性は叩いちゃダメだろ!」って思った。だけど、そういうの来なかった

 

ビスケットブラザーズ

・新しい感じのネタを期待してしまうが、普通だった。特にM-1は新システム開発競争みたいなところがあるので、強みを出してほしかった

・おっぱいドリブルあたりが本人やめたそうに見えてしまった

 

【ひつじねいり】

・キャラが立ってて見やすかった。いわゆる濃いキャラとしてイメージされるものではないけど、キャラと言動の不一致みたいなところが無くて、本当の意味でキャラが立ってた。

・これ東京会場なんだ…。大阪会場ならもっとウケてたと思う。この芸風で東京会場で評価されて勝ち上がれるってことは、東西で審査基準が統一されてそうだと思った。

 

藤崎マーケット

・上手いし結構前から漫才は評価されてたんだけど、それ以上に最近の周りの変化が大きいんだなぁと思った。

 

【ブリキカラス】

・ボケの人がボケ終わって待ってる時に唇ペロペロみたいなのするのが気になった。

・髪の毛のため鉄分摂ったのところ、ツッコミで本当に必要な栄養言ったほうがよかったのでは。

 

フースーヤ

・そういう芸風なので言うことはありません

 

【紅しょうが】

・単発のボケからじゃなくて、ぽっちゃりとデブという良い構図から来ているので、そのまま行ってほしかった。

・前に見たときより、見た目や動きに頼りすぎず、良くなってた。ほっといても売れそう。

 

【ぼる塾】

・お決まりのツカミやネタが、知ってる人も知らない人もいてちょうどやりにくい年だったのではないでしょうか。

・去年m1の1回戦動画から売れると思ってたせど売れたね。骨組みはしっかりしてるから、肉付けで各シーン磨いていけばあと1つ勝てそう。

 

【ボーイフレンド】

・叩き方に緩急を付けたり、予測できる叩き方から外したり、だんだん叩くに近い別の行為をしたりなど、いろいろと変化が欲しかった。

 

マイスイートメモリーズ

・ガワがトムブラウンだから、「ランプの魔神が出てこない」中で、よほどクレイジーな出ない方法をやらないと物足りない感じになってしまう。

 

マユリカ

・客席が暖かすぎない?東京でこれは珍しい気がする

・イヌイの車のカギが終わってるあたりとか、ボケないと思ってたところで弱伏線回収のボケが来て面白かった。

 

【ミキ】

・新しいことをやろうとしてるのは良かった

・動きよりしゃべくりで勝負してほしいなぁ。上手さだと全年代含めて最強クラスだしM-1でも図抜けてるから、強みを活かしてほしい。新しさもその中で追求してほしい。

・首締めとか「気色悪い」とかトゲが強く感じてしまった。

 

モグライダー

・蚊のCMのネタの年に決勝で見たかったなぁ。

・森進一の設定が離れすぎてて、その後の「実際にやるけど失敗する」シーンの、本来の正解がわかりにくくて失敗した時に笑いにくくなってしまっていた。

・構成やボケるタイミングで十分ヒネれてるので、設定はシンプルで良いのではと思った。蚊のCMみたいなネタを磨いていくイメージ。蚊の時は主に上手さが足りずに落ちてたと思うので、あの路線に今戻ればもっと勝てると思う。

 

【モモ】

・セメルさんがツカミの後に「本名です」って言ってほしかった。マモルはありそうな名前で本名だと思うけど、セメルは芸名かなと思ったし、芸名だと何も笑えないし…。

・密度が作れるし、キャラも活かせるしで良いネタだと思った。

・セメルさんがハキハキしゃべるので、オタクネタは見た目通りだけど「引きこもり」「朝までゲーム」顔はトータルの印象だとちょっと違うかなぁ。ステレオタイプ的なオタクより「SNSアニメアイコンで悪口」「フードコートでカードゲーム」みたいなグイグイ前に来るタイプのオタクを解像度高くやってほしかった。

・マモルさんも長袖シャツだったから本当にタトゥー入ってるのかと。

 

ヤーレンズ

・ツッコミの人のヨレたシャツと、ボケの人の「面白いでっしゃろ感」が気になった。

・流行ってるもの詰めこんでるけど、その流行りが何でウケてるかの深堀りがないまま入れてそうな印象を受けてしまった。何とか槽の伏線回収近いし、鬼滅入れるし。

・昔のM-1の準決勝にいそう。

 

吉田たち

・「大事な賞レースでくだらないパンツの話したら面白い」が見えたけど、お客さんにとっては大事な賞レースって認識そんなにないんだよなぁ。スーパーマラドーナのラストイヤー思い出した。

・普段のネタ面白いから期待してる

 

四千頭身

・「必要は発明の母」。トリオ漫才は1人余るから、あえて余らせる型を発明してブレーク。今回の型は、新しいんだけど何の必要があって発明したかわからなかったのが痛かったのではないか。

 

 

【ライムギ】

・「〇〇にそんなイメージは無い」系の漫才は流行ってるけど、スルッと入ってくるボケが向いてて主軸だと弱いみたいだった。

・バスの設定ほとんど使ってなくない?

 

【ラフ次元】

・レベル高いし面白かった!

・伏線張るためのボケもちゃんとボケになってたので借金を作らずに後半盛り上げられたのがすごかった。大阪会場でアタマ一つ抜けてる

・芸人辞めそうな感じだけ、見てて心配してしまってウケきらなかった。落とされた理由ここくらいかなぁ。

 

【隣人】

・面白かった!

・貧しいと老夫婦とグルメリポの3要素で、これどうやるんだろう難しいよな…と思っていたら、カメラが重すぎるという良いところ突いてきて笑えた。

・婆さんは安易に死なないでほしかった。

・年金の入りとか将来もらえなく~とか、そのへんはカットできるのでは。年金の話だと思ったけど本ネタが別だった。年金もらえず生活保護を選ぶ老人がいる、下流老人の問題とかそっちならワンストップで本ネタ入れたのでは。

 

【令和きたみなみ】

・若手でこの芸風でここまでやれるのは唯一無二だよなぁ。下手に最近の賞レース準拠せずに、このままやってほしい。

M-1向きの芸風ではないけど、あとはネタの台本レベルだけ上がっていけば、逆に目立ててそのうち決勝行けるんじゃないかなぁ。でももう12年か。

 

【令和ロマン】

・未来のM-1チャンピオン。最近シュールに走りすぎてない?幅を広げるための期間だと思って見てたけど、そろそろ準決勝の魔神無骨くらいの感じに戻すか、更に別の方向を試すかしてほしい。

・ツッコミの人は見た目イカツイから魔神無骨の頃みたいな強いツッコミしてほしいなぁ。コント中も弱い役(道がわからず不安そう)が見づらい。

・「神田伯山は話が途中で終わるから道案内できない」は面白かったんだけど、ジワジワした運びでお客さんにウケきらなかった感じ。あと他の部分が伯山の必然性が無かった。後半に知らねぇよって内容でも良いから伯山要素を、道案内とからめてほしかった。

 

【ワラバランス】

・普通のボケに飽きた人向けだよなぁ。1ボケ目で外したのが痛かった。もっとウケれるボケがたくさんあった。

・単発ボケだとそろそろきついのかな。旅館の説明がもう少しストーリーあるコントだと良かったのでは。本当に女将が案内する感じで。

 

わらふぢなるお

・空質問までの種明かしが長かったなぁ。あと会場のお客さんは知ってたから開示でウケなかった感じ。

・漫才だからコントと違って「笑い取るぞぉ〜」感を出していいのに、って思ってたらグーグルアカウントか!からヒネったツッコミが来て良かったしウケてた。

・空質問で全然関係ない強いワード言って「どっから出てきた」みたいな、ボケ側もボケて良かったのでは。

 

 

【全体の気づき】

・大阪会場、フリ弱くて、ボケもボケじゃなくて笑いどころの形、ってのが多くない?あとあだ名ネタ。

・芸人本音(M-1勝ちたい、出待ちファン、○年やって~)みたいなの多いし会場ではウケてるけど、一般人から見ると温度差があって冷めてしまう。

・結構数いたけどトムブラウンフォロワーは構造的に勝つのが無理だと思う。本家は普通の漫才が根底にあって、そこを土台にしたクレイジーなことやって決勝でハネた。フォロワーは序盤で「あっトムブラウンだ」と思われた後に、普通のボケをやったら期待外れ、クレイジーなボケをやったら土台のままになる。フリオチの落差が作れないんよ。距離の近い小さいハコでパワープレイで笑かすのならまだできるとは思う。

 

 

追記していきます