若者はどの政党に投票するのか

参院選が近い。

 

「若者の行動は複雑怪奇」ぐらいにしか選挙のプロのおじさんたちは見ていないので、若者目線でわかりやすく書く。

 

 

1.前提

若者たちは政治に期待していない。シルバーデモクラシーという言葉はバズり、若者が何を求めようとも政治には無視され、老人重視の政策のみが実施される。

 

支持政党なしも当然である。

 

 

 

2.各党への見解

自民党

唯一政策運営能力がある党。景気政策がマトモ(株価と為替)。外交もマトモ(親米)。

 

汚職のイメージがある。向いてる方向が財界なので、上級国民に住みやすいだけの社会を作ってしまう(人手不足問題に移民ってすぐ言う。日本人の待遇改善すればいいのに)。

 

「財界、上級国民、老人たちのための社会を作ろう!他は奴隷だぜ!」

 

単独過半数とか取ると好き勝手されるので投票したくない。

 

※あくまで1個人のイメージです

 

公明党

カルト教団が支持母体で、信者の組織票で議席を得る。政策は人気取りのためだけの逆効果な物もある。

 

もちろん投票したくない。

 

※あくまで1個人のイメージです

 

【国民民主、立憲民主】

野党。

 

上記自民と比較し、向いてる方向が

 

「生活者、庶民、若者・こども・子育て世代」

 

なのがエライところ。

 

政策も実現すれば良くなるなぁってのが多い。政権を取ったことあるだけあって、実現可能性もある。

 

しかし政権運営能力が無く、民主党政権時には不用意な発言で為替株価を乱下下させた。経済オンチが治るまでは政権を取らせたくない。

 

あと外国人参政権とか原発とか沖縄とか余計なキナ臭い左翼ムーブをする。

このへんは立憲民主党側に行ったので国民民主党ならマシか。

 

勢力を伸ばすと調子に乗るので投票したくない。

 

※あくまで1個人のイメージです

 

共産党

確かな野党。何でも反対。

 

人気取りの政策を言う。方向は合ってるけど無理なことばっかり言うので、議席取らせても何も実現しないんだろうなって思う。

 

立憲民主党より濃厚な純度MAXの左翼ムーブをする。

 

国家転覆をたくらむヤバイ組織なので投票したくない。

 

※あくまで1個人のイメージです

 

【維新】

第3極。橋下なき後は空気。

 

あとは大阪の地域政党として細々やってくイメージなので、投票しても先はなく投票したくない。

 

※あくまで1個人のイメージです

 

 

 

3.総論

よし、全政党いるな!

全部投票したくないわ!!こういうことだぞ!!!

 

若者から言いたいことは

「全政党(特に自民)が生活者、庶民、若者の方を向け」

「野党は他よりその方向向けてるんだから、頼りがいあれ。キナ臭い左翼ムーブやめろ」

の2点。