「ハッピーバースデードッキリ、成立できる説」!水曜日のダウンタウンで見たい企画!

水曜日のダウンタウンが面白い。

「仲良しサークル、誰宛かわからないハッピーバースデー成立できる説」

が思いついたし、テレビ的にできそうなので提案したい。

 

1.大学生の仲良しアピールしてくるサークルの飲み会に、仕掛け人が潜入。新歓のチラシとかで調子こいてるサークルが良い

2.仕掛け人が「せーの! ♪ハッピーバースデー、、、」と歌い始める

3.大学生たちはノリが良いので、みんなで大合唱

4.仕掛け人がいなくなる

5.歌は続き、「ハッピーバースデーディア...」のところで、普通なら誰宛でもなく始まった歌なので、止まってしまうはず

6.ただし仲良しサークルなら、みんなの誕生日がわかってるはずなので、その日または近い日の人の名前が入って、成立させられる!

 

という説。

で、テレビ的に見たいのは

1.で散々仲良しアピールしていたサークルが5.の「ハッピーバースデーディア」で止まってしまい、変な空気感になるところ。「新歓チラシの文面の◯◯はウソだったのか」と散々イジリ倒してほしい。

 

笑いと、視聴者のスカッと感の両方から面白いと思うので、ぜひ見たい。

子どもがピーマン克服!低カロリーで安くて美味しい焼きナゲット!

今週のお題「得意料理」

 

今週のお題が得意料理だが、イクメンかつ、カレーとハンバーグ大好きで味覚が少年の私は、奥様方の悩みを解決できる(豪語)。

ピーマン嫌いなうちの子どもがモリモリ食べた焼きナゲットの作り方をザックリ書く。

 

1.なぜピーマンが嫌いなのか

私も子どもの頃、ピーマンが嫌いだった。理由は①苦味や青くささ②いかにも「野菜噛んでますよ!」という歯ごたえ、の2つ。

解決策をそれぞれ記載する。①の苦味は、コクとして昇華する手が最良だ。たとえばカレーの隠し味のインスタントコーヒー、豚骨ラーメンの焦がしニンニクなど、ほどよい苦味はコクとなる。

うまみ、そこそこの味の濃さがコクにするポイントだ。

②の食感は、すりおろすかみじん切りが良い。

 

2.具体的な作り方

鶏ひき肉200g、豆腐半丁、みじん切りピーマンと長ネギ、片栗粉、味噌、お好みで中華スープの素を混ぜる。ペースト状のをスプーンでとってフライパンで焼くだけ。意外とドロドロでも、焼けば片栗粉の力で固まる。

中身のタネが中華風なのは、味の濃さが出せることと、ピーマンによく合うことからだ。

 

見た目けっこー緑色つぶつぶあったが(ポテチ青のりくらい)、ウチの来月2歳になる息子は、普段はピーマンだけ吐き出すのに、モリモリ食べてました!

 

 

ゴキブリ退治にキュキュット泡スプレー!実際にやってみた

 

ちょっと前に、アマゾンの「キュキュット泡スプレー」のレビューが面白い!対昆虫決戦兵器だ!ゴキブリ退治に最適!と話題になりましたね。

 

主なメリットは

・直線的に飛ぶため狙いやすい

・泡が広範囲に広がり当たりやすい

・洗剤なので外しても拭けば良い。殺虫剤より安心

 

 

キュキュット クリア泡スプレー 本体 グレープフルーツの香り 300ml

新品価格
¥294から
(2017/10/1 12:41時点)

 

 

の3点。

昨日帰宅途中、妻からG出現の報を受け、1歳の息子がいるため殺虫剤ではなく泡スプレーを買った。

 

1.購入

近所のドラッグストア、カワチで324円だった。アマゾンの方が安い。

 

2.まな板に試し撃ち

レビュー通り、まっすぐ飛ぶ。開封後すぐは泡の範囲が狭いので2、3発の試し撃ちは必要。

 

3.対戦①〜開戦〜

妻に聞くとG出現箇所はキッチンのシンク下収納。定番の場所だ。

隠れ場所を少なくするため、しまってあった鍋やカップ麺を出す。すると、黒い敵を発見。シンク下のパイプの陰に隠れ、胴体だけ見える状態だった。

 

「標的、確認!対昆虫決戦兵器、構えぇ!・・・、発射!!」(実際には叫んでいません)

 

着弾するタイミングとほぼ同時にGは機体前方へ疾走。被弾状況は不明、姿も見失った。

Gは緊急時には方向転換せず前方へ逃げるので、胴体よりも頭を狙った方がいい。

 

4.対戦②〜機銃掃射〜

収納の中身もあらかた出したが、姿が見えない。いそうな所に片っ端からプシュー。死角となる物陰にスプレーしまくった。

この作戦の直接的な戦果は無かったものの、「普段拭き掃除の手が届かないところに、泡スプレーを付けて、掃除する」という本来の使い方をすることができたので、無駄遣いにならないのがメリット。

 

5.対戦③〜発見〜

よく見ると透明なビニール袋下に発見。ここではスプレーが当たらない。使い慣れた武器「丸めた雑誌」を手に取った。

 

6.(余談)わたしはバーサーカー

私は虫が嫌いだ。とても嫌いだ。

ただ、一般的な「虫が苦手」とは少し違う。嫌悪でなく憎悪なのだ。見るとバーサク状態になり、悪即斬の精神で始末する。

あと不器用で飛び道具が苦手だ。ディズニーランドのバズの銃のやつでおばあちゃんよりスコアが低い。

そのため殺虫剤は普段使わず、武器で肉弾戦だ。バーサーカーというより原始人の方が近い。そのぶん近接戦闘は強い。

・夏に2時間草取りをして、一箇所も蚊に刺されない完封勝利。肌に群がる蚊はすべて叩き潰した

・ハエはハエ叩きで叩く。中2の時、一夏に100匹倒した(100達成して数えるのやめた)

 ・Gも普段は丸めた雑誌で一撃

と武勇伝には事欠かない。ただ今回は泡スプレーを使ってみたかった。

 

7.決着

 透明ビニールに隠れているつもりの虫ケラ。絶好のチャンスだが、シンク下収納なので雑誌を十分に振りかぶれない。

やむなく小さいストロークで雑誌を振り下ろす。クリーンヒット!ただし威力は足りず、逃げまどうG。

動きは依然素早いが、確実に鈍っている。泡スプレーを手に取り、乱射乱射!(さっきも言ったが私の狙撃能力は低い)。Gの前方に泡が落ちると、直角に曲がって避ける。確実に嫌がっている。物陰はもう泡だらけなので逃げ込めない。

乱射を続けると一発命中した。動きがほぼ止まる。連射を浴びせ、泡に埋もれて姿が見えなくなる。

「やったか...!?」

泡がなくなると、仰向けになり生き絶えたGが。人類の勝利である。泡スプレーには十分な殺傷能力があった。

 

 

8.使ってみての感想まとめ

・試し撃ちした方がいい

・中央より頭寄りを狙うと当たりやすい

・クリーンヒットせずとも行動制限ができる。動きも鈍くなる。当たらなくても連射しよう。

・殺虫剤よりもやっぱり安心

 

もうウチは殺虫剤買わずに、このスプレーでいいんじゃないかと思ってます。

キュキュット クリア泡スプレー 本体 グレープフルーツの香り 300ml

新品価格
¥294から
(2017/10/1 12:41時点)

彼方のアストラ考察!開拓戦争と隠蔽された歴史編が来るぞ!

彼方のアストラで刺客を考察したところ、シャルスで当たってた。

「刺客はシャルスを当てた人の考察記事だよ!」と言えばニーズがありそうなので、作中に残された最大の伏線「隠蔽された歴史」「開拓」について記事を書く。

 

 1.先住民との侵略戦争があった

2053年に地球に隕石が衝突してしまうから移住先を探して、アストラ星を見つけた。

人類の移住に適した環境なら、人類と同様の生物が繁栄しているはずだ。アストラ号の旅でも、行く先々の星で独自の生態系を見てきた。

しかし今では、主人公たちの反応から、2星人が共存していると思えない。これは地球人が先住民を滅ぼして移住したと考えるのが自然だ。「開拓」のイメージ図が滅んだ都市であることも、その説を裏付ける。

 

 

2.その歴史を隠蔽した

主人公たちが歴史を知らなかったように、明らかに侵略戦争は隠蔽されている。ただ、戦争自体をなかったことにするのは難しい。

なのでアストラ星への侵略戦争を、キューバ危機からの第三次世界大戦ということにして、侵略や移住の事実をなかったことにしたのだろう。「過去より未来へ目を向けましょう」という教育は明らかに隠蔽工作だ。

なお、よく考察される年号については、地球歴の2150年くらいに侵略戦争をしていると思うので、それがアストラ歴でキューバ危機の1962年にあたる。作中はアストラ歴2063年なので、よく議論になるポリ姉が眠っていた期間は約100年。コールドスリープ長すぎ問題もないこと、宇宙服の進歩具合もちょうど良いことがこの説を裏付ける。

 

 

3.ポリ姉の存在がキー

ポリ姉はアストラ星の支配層にとってかなり不都合な存在だ。着陸前の連絡で星の支配層が知るのか、着陸後に知るのかで展開は異なるが、どちらにしても「面白い展開」になるだろう。

 

 

以上が今後の展開や伏線回収の考察である。少なくとも「開拓」と「歴史の隠蔽」については、当たっているかは別としてちゃんと伏線回収してくれるだろう。ファンとしてとても期待しています。

 

彼方のアストラ 刺客は誰?シャルス説!

ジャンププラスの彼方のアストラが面白い。

クルーの中に刺客がいるが、今ひとつネットの考察を見ても誰が刺客なのかハッキリしない。

東大生平均以上のIQを駆使し、考察したら、刺客はシャルスだとの考えに至った。

シャルス説の根拠を記載する。

 

1.刺客の小目的・通信機破壊

刺客は通信機を破壊することに執着している。

過去話無料の時に読み返したが、アストラ号の壊れた通信機の切断面が新しいことで、刺客の存在が明らかになった。

単に刺客なら、バレないように行動した方が実行しやすい。壊れた宇宙船の通信機なんだから、「もとから直せないよほど壊れていた」という壊し方の方がバレない。

しかし「切断面が新しい」とすぐバレる壊し方をしている。工作をする時間もなく、よほど通信機の都合が悪いので慌てて壊したのだろう。

また、シャルスは1話で宇宙空間で通信機を手放してしまっている。クルーたちに通信させないためにも自然な行動だ。

 

2.アリエスが抑止力

ワームホールは序盤に2度現れ、その後に出現していない。2度目の時に何かあって処理を中断したと考えるのが自然だ。

ワームホールから逃げる時に、アリエスがシャルスに記憶能力がある旨を伝えている。それ以来、ワームホールが現れていない。記憶能力があると証拠か何かでバレるので、出さなくなったと考えるのが自然だ。

また、キャンプ先の星で最初に全員がワームホールに巻き込まれた時、シャルスだけがカナタの前にいた。ワームホールに全員が飲み込まれたことを確認するためには、最後にいるべきなため、刺客としての根拠になりうる。

 

3.アリエスのクローン元と、シャルスが知り合い説

序盤、シャルスがアリエスに「オッドアイが知り合いに似ている」と言っている。周りは「口説きの常套句」として揶揄していたが、クローンの話が明らかになった後では意味が違ってくる。

オッドアイは珍しいので、アリエスのクローン元とシャルスが本当に知り合いなのではないか。

刺客なら大人側の依頼者とつながりがあるはずであり、それも「冷めた親子」程度ではなく特殊なつながりであると推察できる。

 

以上3点より、彼方のアストラ、刺客はシャルス説を提唱する。

 

彼方のアストラ 1-4巻セット

新品価格
¥2,004から
(2017/8/30 06:43時点)

彼方のアストラ 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

甲子園で優勝する方法!優勝チームの共通点とは?(花咲徳栄 強さの理由)

 

今年2017年の甲子園では花咲徳栄高校が優勝した。埼玉県出身として夏の初優勝は嬉しい。

高校野球観戦が趣味の私だが、最近の甲子園では優勝チームにハッキリと共通点がある。甲子園で優勝する方法をまとめた。

 

 

1.2人以上の安定した投手!ドラフトかからなくったっていい!

 

野球で投手力は重要だが、過密日程による疲労と、相手チームによるエース対策を考えると、計算できる投手が2人以上欲しい。2013年安楽投手みたいに投げさせすぎるのは選手のためにも良くない。

さてその「計算できる投手」だが、2015年東海大相模のようにドラフトにかかるレベルの投手(小笠原と吉田の2枚看板)がいるのが理想だが、そうはたくさん育たない。

 

ドラフトにかからないレベルでも、どんな投手なら甲子園で活躍できるか?それはアウトコースや低めに丁寧に投げ込める投手である。

基本的にアウトコースや低めに投げれば長打や大量失点になることは少ない。それが近年打高傾向にある高校野球で、非常に価値のあることなのだ。

この大量失点しない安定感ある投手が次項「何点ゲームか」の読みにつながり、チームの戦略を立てやすくする。

 

今年の花咲徳栄では背番号10の綱脇投手がアウトコースへの丁寧な投球で安定した成績を残した。こういう選手は高卒でプロに入らなくとも、2012年エース藤浪の控えだった大阪桐蔭の澤田投手のように、大学で活躍してからのプロ入りが期待される。

 

 

2.何点の取り合い?試合展開を見越してのバント判断!

 

私が21世紀最高の名将だと思っている2016年優勝の作新学院小針監督は、よくインタビューで「⚫️点勝負」と言う。何点取れば勝てるかの予測であり、両チームの打線や投手力から判断しているのだろう。

この計算、実はかなり重要である。

 

高校野球だとバントが多いが、近年では野球そのものの統計分析が進み「バントは1アウトを献上するので攻撃側にとって基本的に損。1回で何点取れるかの期待値が下がるから。ただし、確実に1点取れる確率は上がる」という結論になりつつある。

つまり、10点勝負など点の取り合いを予測するならバントをしない方が勝ちやすく、1点勝負なら確実にバントを決めれば勝ちに直結する。これが試合前からわかっていれば、序盤から一貫性ある采配が取れるのだ。

 

なお、打高傾向にある近年では点の取り合いになりやすい。バントだけじゃない攻撃的2番千丸打者が今年の花咲徳栄にハマっていた。

 

 

3.「転がせ」からの脱却!レベルスイングでしっかり飛ばせ!

 

昔の野球の指導には「転がせ!ダウンスイングだ!」という指導がある。フライよりもイレギュラーバウンドや送球ミスなど相手のエラーが起こりうるからだ。

しかし、近代では練習の効率化等で競技レベルが上がったほか、筋力トレーニングの一般化やバットの進化でボールが飛ぶようになった。それにより、転がしてエラーに期待するよりも、しっかり飛ばして得点することの方が効率良くなった。

2010年の興南、2011年の日大三高と強力打線のチームが2年連続で決勝で10点以上取って優勝しており、このあたりから目に見えて選手の身体が全体的に厚みを増した印象だ。

今年の花咲徳栄も決勝で14点取り、また甲子園全試合で9点以上取っている。

強いフィジカルでボールを飛ばすことが甲子園で優勝するチームの条件になりつつある。

 

以上①2人以上の安定した投手②試合展開を見越したバント判断③強いフィジカルでボールを飛ばせる打線、の3つが甲子園優勝するためのチーム作りだ。

 

③に関連して、私も家で筋トレを始めた。上半身をバランス良く鍛えられる腕立て伏せが好きだが、その可動域が広がるプッシュアップバーを使うとよく効く。

プッシュアップバーの選び方には①安さ②サイズ感(特に高さ)③安定感(高いと倒れうる)が大事だが、アマゾンのが全部満たすし、滑り止めも付いていて良かった。紹介しときます。

 

SINTEX(シンテックス) プッシュアップバー STT020

新品価格
¥1,165から
(2017/8/23 23:22時点)

 

 

シマノ?シマヌ?ハンターハンターのあの人の名前はどっち?

ハンターハンターが読めてうれしい。狂信者の私は、冨樫神と同じ時代を生きられることにまず感謝したい。

 

さてクラピカが第14王子の護衛についているのだが、王子の侍女のあの人の名前は何なのかネットで話題だ。

 

シマノかシマヌか。1つの話に両方の表記が出てくる。一体どっちなのだ。どちらかが誤植という説が有力だが、冨樫神の誤ちを狂信者の私が認めるわけにはいかない。

新説「どっちも合ってる説」をここで提唱する。

 

1.カキンは中国

王子たちのカキン王国は、中国がモデルなのは一目見れば明らかだ。名前もホイコーロー王だし。

 

2.中国語の発音について

中国語で「できる」という意味で「能」という漢字を使う。日本語の読みは「のう」だ。音読みなので、古代日本人には「のう」と聞こえたのだろう。

中国語での発音は「ヌゥェン」って聞こえる。ピンイン(発音記号みたいな物)はnengと表記し、わりと粘っこくヌゥェンって感じだ。

要するに、日本人的には「の」と聞こえるが厳密に発音すれば「ヌゥェ」と聞こえるというのが中国語なのだ。

つまり、、、

 

 

3.新説!あの人の名前は「シマヌゥェ」さん

これしかない!(確信)

本当はシマヌゥェさんなのだ!

 

シマヌゥェ!

シマヌゥェ!

シマヌゥェ!!!

 

しかしマンガの表記上、こんな粘っこい文字起こしはできない。

省略して「シマヌ」、または日本語読みで「シマノ」にしている。こんなところだろう。

 

 

4.結論

いかがだっただろうか。シマヌゥェさんで決着だ。

たとえ次回以降シマノに統一されていても、コミックスで修正されていても、決して冨樫神の誤ちではない。日本語読みに統一しただけだ。

今後も聖書に疑義がある際には、狂信者の私を呼ぶと良い。

 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)