藤井聡太歴代最多の28連勝に並ぶ!人気の秘訣に迫る

藤井聡太のがデビュー以来、連勝記録の大活躍だ。

記録を更新する前から、なぜここまでニュースになるのか?それは将棋ファンにとって応援せずにいられない事情があるからだ。藤井聡太四段の人気の秘訣にアマ有段の私が迫る。



1.デビューが劇的!強者のバトンを引き継ぐ!


藤井四段は最年少記録でのプロ入りで、まずニュースになった。

奇しくも初戦の相手は、藤井四段がプロになる前まで約60年の間破られなかったプロ棋士の最年少記録を持ち、タイトル戦でライバルたちと数々の名勝負を繰り広げだ加藤一二三。この時点でドラマを感じずにはいられない。

同じ居飛車党で、相矢倉を制した藤井四段。この勝利加藤一二三からのバトンを引き継ぎ、藤井が今後タイトル戦で加藤一二三のように大活躍し、数々の伝説を残すことが多くの将棋ファンの目に自然と浮かんできたのだ。ここから応援せずにはいられなかった。



2.居飛車党の本格派!正々堂々としたプレースタイルと確かな実力!


最近の若手棋士にはゴキゲン中飛車やダイレクト四間飛車など、新しい戦法を使う棋士が多い。これらは勝ちやすい戦法だ。

マチュア同士で指してると、「それでお前が勝っても、お前が強いんじゃなくて戦法が強いんだからな!」って言いたくなる(私は居飛車党だし、振り飛車党に同じことを言われる穴熊は指さない)。

例えるならば、武器が刀の勝負のはずなのに銃を使われた感が、勝ちやすい新しい戦法にはある。

しかし藤井聡太は昭和の時代に数々の名勝負を生み出した、古くからある戦型「角換わり」を得意とする。

角換わりは比較的先後同型になりやすい。例えるなら、藤井聡太は相手と全く同じ刀を使い正面から斬り合って勝っている。

正面から倒しきる棋風と、オールドファンがニッコリする角換わりで、藤井四段は将棋ファンの心を掴んだ。



3.時代が待ち望んだスター!


将棋に関する話題は近年多い。

加藤一二三のひふみんネタ(おもしろ発言やおもしろ行動)も最近有名になったし、電脳戦などニコニコ動画とコラボしてネット民にも広がりつつあるし、AIに敗北時、特に米長の敗北時が一番話題になった。

注目は高まりつつある中、棋士のスターは羽生以降出てこない。

佐藤天彦は若くて強くとも、髪型がヘンだし(失礼)貴族感が将棋っぽくないからなんか将棋のスターと違う。ザ・将棋ってなると素朴さが欲しいなあ。。。

スターが待ち望まれた中で現れたのが藤井四段だ。中学生の素朴さは将棋っぽさがあり、学生棋士というのも人気マンガ「3月のライオン」の設定に似ている。

3月のライオンは老若男女(特にハチクロの作者なので若い女性にも)人気作品。主人公の桐山五段も学校に通いながらプロ棋士をしている。

設定が似ているので、将棋を知らない作品ファンもついてこれる。
こうした経緯もあり、将棋を知らない層の注目も集めたのだ。


以上のように、藤井四段は「劇的デビュー」「オールドファンもニッコリな実力と棋風」「時代がスターを待ち望んでいた」ことから、ここまでの人気を集めている。
今後の活躍を注目せずにはいられない。

ハンターハンター連載再開の理由とは!?冨樫神の狂信者が考察

ハンターハンターがついにジャンプで来週から連載再開する!熱狂的ファンの私には嬉しい。

アスタ、アマナ、マンヘイム。コミックスで確認してみな、俺がどれだけのファンかわかるぜ(ゲンスルー風)。


作者の冨樫神は、幽遊白書の大ヒットとセーラームーン作者との結婚で、正直もう働かなくて良いくらいのお金を持っているはずだ。

異教徒は「冨樫仕事しろ」なぞ神への冒涜をただちにやめ、続きを描いていただけることに感謝し、ともに感謝の正拳突きをしよう。(音とブログ読書を置き去りにした)


f:id:otoku20s:20170620221919p:plain


重度の腰痛を持つのに、なぜ現人神である冨樫神は新たな聖典の1ページを描いてくれるのか。神のご慈悲でもなく私の祈りが通じたわけでもなく「新しい面白さの提案を世の中にしたい」という創造神ゆえの御心があるのではないだろうか。狂信者(熱狂的ファン)である私がまとめた。



1.強い敵は人間ドラマにしちゃえ!王の倒し方


キメラアント編の王は強くしすぎた。それ故、人間の怖さを自爆と毒で思い知らせて、少女コムギの膝の上で息を引き取った。

この終わり方は賛否両論あった。もちろん私は賛だが、理由はバトルマンガの限界を超えたことにある。

敵を倒すためには、策略やラッキーを除けば、敵より味方が強いことが一番納得性がある。ただ、最初から実力で相手より強いと順当な勝利で盛り上がらない。最初苦戦して、戦闘中の覚醒などで相手より強くなると、現代では御都合主義と言われる(文句を言う読者が少ない昭和は後者のパターンが非常に多かった)。

つまり、強い敵を倒すには、現代だとどうしても読者が冷めるのだ。順当に勝つか御都合主義で勝つかのどちらかが主流になる。

だからもう実力とか無視して自爆しちゃえ毒でやっちゃえーい。勝利にはドラマが必要だが、勝つまでのドラマじゃなくて人間ドラマにしちゃえ。この提案は新しい発明だ。どんなに強い敵を出しても漫画家はもう「倒し方の納得性」にこだわらなくて良くて、面白さに集中できる。

キメラアント編は途中途中、キレの良いところで休載していた。王の倒し方もそうだし、覚醒に前借り要素を付けるという新しいゴンさん化もキレの良い1セットの中心だった。

そのため、この発明などを提案しきるまでをセットで連載し、休載に入るというサイクルだったと考えられる。



2.個の強さでなく生き残る強さ!暗黒大陸編!


暗黒大陸では、ネテロが追い求めたタイマンバトルに勝つような個の強さではなく、過酷な環境でも生き残る強さというものが提示された。

ジャンププラスで連載中のマグメルがコミックスになる時、冨樫絶賛!と帯になった。まさに暗黒大陸編を継ぐものとして、こういうマンガが読みたかったから提案して待ってたとしか思えない。

最近はジャンプ本誌でもドクターストーンが人気だ。生き残る強さの作品はまだ数少ないが、もっと読みたい。



3.神話〜冨樫神の少年時代〜


冨樫神が子供の頃の話。神の昔の話だから神話だなこれ。ボードゲームやカードゲームを自分たちで作って遊んでいたそうだ。

面白さのバリエーションや、自分で面白さを発明することは、この時の経験で培ったのだろう。グリードアイランド編面白かったよね。



以上から、「新たな面白さの提案をしたい」が冨樫神の連載再開の理由だと考える。10週だけでまた休載、20週だけでまた休載などと話数だけでみると少ないが、その1セットごとに「1つの面白さの提案」が入っていることに注目をしたい。



選球眼を良くする2つのアプローチ!野球!バッティング!

バッティングで大切な要素はたくさんあり、ミート重視パワー重視などで大切な要素は異なる。今回はどちらにも重要な選球眼に着目してまとめた。


1.両目で見よう、オープンスタンスの鳥谷!


阪神鳥谷敬選手はフォアボールが多い。本日段階で現役最多の958四球。オープンスタンスの構えにより、両目でボールを見ることができる。



2.着地を我慢!4割打者近藤!


今シーズン4割打者の日本ハム近藤健介選手。彼は積極的に四球を取りに行き、その結果今シーズン高打率を維持していると語っている。

その四球の取り方だが、前足の着地を我慢すること。実際やってみると、ハーフスイングで止めやすく、本人がインタビューで語っていた「打つつもりで見逃す」をやりやすい。

フォームの始動からスイングまでの時間が短いぶん、ボールを見る時間を長く持てるのだ。



以上2点から、現役選手のフォームから選球眼を良くするヒントをまとめた。選球眼が良ければボール球を打つ凡退が減り、また有利なカウントで勝負できるようになる。

連勝記録は次が最大の山場!沢田六段リベンジを誓う!将棋、藤井聡太


藤井聡太四段の連勝記録が、あと1勝で歴代1位の28連勝に並ぶ。この1勝が最も厳しい戦いになると予見されるので、将棋がわからない人向けにまとめた。



1.対戦相手


20連勝時の相手との再戦で、澤田真吾六段。六段と低段に見えるかもしれないが、将棋の段は八段まで通算勝ち数だし降級とか無いので、段と強さが比例しない。

ただ、5-7段あたりの若手はノってる時期で強いのが多い。澤田六段もそうで、あと少しでタイトル取りそうなぐらい大活躍している普通に強い相手だ。

そして、今までの藤井聡太四段の対局の中で、一番追い詰めたのも澤田六段なのだ。

以下記事参照。

http://otoku20s.hatenablog.com/entry/2017/06/10/141413


藤井聡太四段も対局後、この勝利を「僥倖」とコメント。わかりやすく言い換えれば「中盤からヤバかったんで、勝てたのはラッキーっすよ」という旨の内容だった。



2.澤田六段の意気込み!そして戦型予測!


リベンジにかける澤田六段、その意気込みたるや。

「1カ月のうちに同じ人に2回負けるのはつらい」としながらも、「(最多連勝記録を)意識すれば、力んでしまう。緊張感はないし、目の前の一局に勝ちたい」と落ち着いた様子で語った。産経ニュース

と、取材に答えた。



さて戦型予測ですが、やはり角換わりが有力でしょう。

藤井聡太四段の得意戦型は角換わり、澤田六段も正面からそれにぶつかるだろうというのと、前回も角換わりで藤井四段を追い詰めたのとで、やはり有力です。



次戦が厳しい戦いになる藤井聡太四段。6月21日(水)の予定です。連勝記録1位に並ぶか。注目です!


生活保護不正受給対策と消費税軽減税率を同時に実現するウルトラC!俺発案の「生活必需品商品券」の提案!


生活保護でパチンコやったり娯楽が多すぎたり、ネット上でバッシングがある。また、内閣府景気動向指数研究会が「8%への消費税増税で景気後退には至らなかった」として10%への布石が打たれた。

f:id:otoku20s:20170616084356p:plain

欧米では消費税10-20%の国が多いが、食料品や衣服などで軽減税率があり、生活を圧迫しないようになっている。日本の場合、軽減税率は導入されていない。


この2つの問題を解決するヒントは、アメリカのフードスタンプ制度にある。

フードスタンプとは食料品にしか使えない商品券で、低所得者に給付される。

生活保護が現金からチケットに変われば、パチンコに使えなくなる。非常に良い制度だ。ただ、日本でも同じ制度を導入しようとすると、「そのスタンプを使うと低所得者とバレる」という理由で反対されることが多い。

なので、日本での解決策は地域振興券のように幅広く配布してしまうことだ。社会保障的に考えて、子育て世代にも手厚くすると良い。

単にそれだけだとバラマキになるので、もともと生活必需品しか買えない券だから、消費税の軽減税率の役割も果たしてしまうと良い。

これで生活保護の不正や、消費税が低所得者により負担になる問題が一気に解決だ。


大事なことは、消費税の議論、生活保護の議論と項目ごとの縦割りから、「生活者(低所得者)の総合的支援」(それも中流層にも平等感のある形での支援)で議論することだ。


生活必需品商品券の制度をここで提唱する。

我が子が勝手に頭良くなる!?理想の家の条件を元塾講師が解説!

私は数年前まで塾講師をやってましたが、勉強できる子とできない子で生活習慣にハッキリ差がありました。

f:id:otoku20s:20170615234506p:plain


今私は家を建てている途中ですが、塾の経験を活かして間取り決めをしているので、勉強ができる子になる家作りの条件をまとめました。



1.子供部屋は2階の東!朝日の入る部屋に!


勉強できない子は夜型、できる子は朝型が多いです。東大生は親に「勉強しろ」より「早く寝ろ」とよく言われていた、というエピソードもあります。


理由は簡単。学校の授業が午前にあるから。

例えば4時間目までが午前、5時間目6時間目が午後で下校なら、午前の授業時間は午後の倍です。

授業に集中するには、朝型の方が断然有利。そして朝型にすべく、朝に太陽光を浴びて目覚めるために、東側の日の当たる部屋を子供部屋にすると良いでしょう。

家の日当たりが悪い、間取りの都合上子供部屋を東にできない場合はタイマー付きのライトなどで対応しましょう(目覚まし時計などの音より光の方が体内時計も直るし自然に起きやすい)。



2.リビング勉強ブーム!やるなら親は覚悟しろ!


最近は子供部屋を狭くして、リビングで勉強するのが流行です。親の目が届くから子どもがサボらないという理由で、アリだと思います。

ただし「勉強できない子をリビングで勉強させたら、余計できなくなった」ケースも何軒かありました。その原因はズバリ「親」です!


親がリビングでテレビ見てて笑い声がうるさい。

親が弟妹の面倒を見るよう言ってきて、自分の勉強ができない。

こんな事例が複数ありました。

子どもはリビングで「勉強」してるんです。親は普段の生活が子どもの邪魔になるなら、変える必要があります。親のせいでリビングが集中できない環境になるなら、いっそ自分の部屋で勉強させた方がマシです。



3.モチベーションは子供の中に!環境作りが大切!


親に「勉強しろ」と言われる子どもは、偏差値65くらいで止まることが多いです。70行く子はむしろ勉強しろと言われません。

どちらも勉強自体はするのですが、前者は「親に怒られないように勉強する」、後者は「知識を得たり問題が解けたり高い点を取るのがうれしいから勉強する」と、理由が違います。

それゆえ「勉強しろ」と言われる子は、ポーズとしての勉強で時間効率が良くなかったり、言われてやる癖があるので思考力が必要な数学問題が解けなかったりします。

「勉強しろ」と言わないのが理想ですが、それだけだと本当に勉強しない可能性があります。


なので、早いうちに自然と勉強するようになる環境を与えることが重要です。

リビングに地球儀を置くと子どもが賢くなる、と言われてます。それと同様に百科事典や周期表、ことわざのマンガなどを置き、勉強の抵抗感なしに知識をインプットできる体制作りをしておくと良いでしょう。偏差値70超えは「勉強とも思わないところで得た知識」をたくさん持ってます。



上記1〜3が、勉強できる子にする家作りです。

本人の努力ももちろん大切ですが、親としてできる限りサポートしたいので上記条件を満たす家作りをしてます。

極上ハンバーグ!おいしい手作りの研究・条件整理編

私はハンバーグが好きで、趣味は料理だ。究極のおいしいハンバーグを目指して研究中だが、その条件を整理した。


1.ハンバーグらしさ〜ハンバーグ独立宣言!〜

まずおいしいハンバーグには2系統ある。まるでステーキ!というステーキ再現派と、ハンバーグとしてうまい!というハンバーグ独立派だ。

ステーキ再現派で代表的な物は、名店ミート矢沢のように、良い牛肉を使いミディアムレアで仕上げた物だ。これはこれでおいしい。

ただし、私が追求するのは後者とする。理由はカップラーメンで例えるとわかりやすい。

再現派は本物のラーメンをカップラーメンで再現するマルちゃん製麺、独立派は数々の味を生み出すカップヌードルに代表される。

ここで、私がマルちゃん製麺を食べての感想は「おいしいけど本物のラーメンの方がおいしいかなぁ」だ。いくら研究しても、この感想は一定数持たれるだろう。

カップヌードルではチリトマトや数々のチョイ足しにより「こんな味もアリなのか」という発見がある。もはやラーメンとは別のカップラーメンというジャンルを作り出し、多様化した。

つまり、再現派にはいくら研究が進んでも「本家を超えられない」印象がありうるのだ。

そのため私はハンバーグ独立派として、ハンバーグ自体のおいしさを追求し、多様化の一角を担うことを目的とする。

ステーキにはなくハンバーグにはある決定的強みは「混ぜてこねる」ことであり、その強みを活かし考察する。


2.食感〜フワフワかつしっとり〜

おいしさには食感が欠かせない。ハンバーグの場合はフワフワかつしっとりを目指すべきだ。

ハンバーグには肉と調味料以外にパン粉、牛乳、卵、玉ねぎを入れる。

パン粉のかわりに麩を使うレシピもあるが、それはギュッとした肉感が増すので、再現派寄りの考え方だ。麩よりもパン粉の方が空気を抱き込みフワフワ感は上となる。

しっとり感は水分量に比例する。牛乳多めにして水分そのものを増やすほか、グレープフルーツゼリーやご飯を入れて保水効果を目指す手法もある。


3.味のおいしさ〜ガツン派VS完成度派

味の好みはそれぞれあるが、2系統に別れる。B級グルメのような旨味と油たっぷり、一口食べて本能的にウマイ!というガツン派と、高級料理のような味の組み合わせや香り高さによる完成度派だ。

私は普段の家庭料理を前者で作っている。簡単だからだ。ほんだし、コンソメ、ウェイパーを和洋中に合わせて適量入れれば、どんなにアレンジしても(マトモな発想のアレンジならば)おいしい。

ただしハンバーグは分量を量って手ごねする手間がかかる料理なので、せっかくだから完成度を目指したい。

方策としては2.の食感と相談しながら味の完成度を実現できる混ぜ物を追求する。同時に、肉そのものの良い香りを引き立て、臭みを消す調味料の組み合わせを考えることだ。


4.現況、普通に作るときは。

上記の考え方から、つなぎはパン粉使用の牛乳卵多めのナツメグ多めで作っている。

かなりオーソドックス寄りだが、牛乳卵多めが効いて、こねたときに「これ焼いて固まるの?」ぐらい水分多いが、ふんわりしっとりできている。

ただしこれで満足する気はない。ハンバーグ道の追求は続く。