ワールドトリガー ブラックトリガーと人物考察

 

ワールドトリガーが復活した。俺はコミックス全巻注文した。このタイミングで謎の多い、ワートリのブラックトリガーおよびそれに関する考察をしてみた。

 

○三門市と旧ボーダー

旧ボーダーは同盟国3つと交流あり。ロゴにもデザインされる。

旧ボーダーのメンバーは「ネイバーにも良いやついるから仲良くしようぜ」派が多く、「街の平和が第一だよね派」も多い。「ネイバー絶対排除マン」は城戸司令のみだし、現体制になってから。なので旧ボーダーの人物の考え方は前者2つが多いのでは。

三門市の名前は門(ゲート)3つが由来か。地名が決まる時代(戦後、明治、江戸以前)からゲートがありネイバーとの交流があった説を提唱したい。

 

○風神(最上さん)

ブラックトリガーは生前の人格を反映するそうなので、キャラの考察も。

特徴1 射程は目に届く範囲どこでも

→目に届く脅威はすべて排除しておけ(逆に言えば、今見えない脅威は排除しなくて良いともとれるし、こっちの方が旧ボーダーの考え方的に近そう)

特徴2 多くの適合者

→ボーダーの多くの人に共通する理念に沿えば適合する?こっちの世界の平和、みんなを守る。

特徴3 太刀川には適合なし

→太刀川はネトゲ廃人ランカー大学生のイメージらしい。ラービットを斬りたがってたし、実は平和なんか考えていない?少なくとも裏がある人物だと思うし、その裏理由で適合なしかと。今後の暗躍に期待。

総論:目に見える範囲での専守防衛的な「街の平和が第一だよね派」か。

 

○空閑の黒トリガー(空閑父)

黒トリの性能は、相手トリガーを学習し自分の物にする。汎用性最高か。

→ボーダーの普通トリガーは基礎性能がネイバーの物ほど高くないが、複数を組み合わせて(8つはたぶん多い)汎用性高くなる。

アフトやガロプラを見ると、ネイバーの物は通常トリガー1つが高性能(ケリードーン、ランビリスやガトリン見るとそう)。

汎用性、対応力を重視し、ボーダーのトリガーの方向性も決めたのではないか。

 

ランク戦の仕組みを作った

→チーム1対1でなく、三つ巴、四つ巴とした意味。

本部ボーダーのロゴに描かれなくなった、3つの同盟国。

ここから考察すると、3つの同盟国からいつ襲われるかわからない備えとしてランク戦を考案した(完全な味方はない、敵の敵はあくまでそれ以上ではない)のではないか、また、本部ボーダー立ち上げ時に実際に同盟国との何らかの断絶があったのではないか。

 

ワートリは描写すべてが伏線。考察に終わりは無く、最高に面白いマンガだ。

呪術廻戦!面白さの陰に冨樫先生!(ハンター再開記念)

呪術廻戦が面白い。色んなところで鬼才と言われているが、まさに鬼才だ。

脚の太い近未来杯から応援してました。今もめっちゃ応援してます。

 

さて、冨樫義博先生の狂信者からすると、作者の芥見先生も冨樫フォロワーであると言われているが、それがよくわかる。

オレでなきゃ見逃しちゃうね、くっくっく。うふふふ(団長の手刀を見逃さなかった人)

 

【芥見先生、面白くない映画をたくさん見る】

イタドリの修行で面白くない映画をたくさん見るものがあった。現在の幼魚編でも、面白くない映画の話で吉野と盛り上がってた。

実体験で作者は面白くない映画をたくさん見たに違いない。そう断定できる根拠は2つある。

その根拠1、冨樫先生のマンガのコツのインタビューで「面白くない映画を見る」があるからだ。

どうすれば面白くなるか?を常に考えて見ると、自分の作品作りに生きる、という旨のことが冨樫神のお言葉で語られた。

根拠2は、省略の技法が「面白い映画」に近いからだ。つまらない映画はダラダラ時系列的にあったことを映像化する。面白い映画は、必要な情報だけを密度濃く示し、描かない所は描かず、見せ所はしっかり描く。

少年院編での野薔薇の戦闘ほぼカットは、その直前で野薔薇登場で戦闘見せたばっかりだから。幼魚編で吉野の母親は文章退場なのは、特に下半身うんぬん氷嚢うんぬんで異端さを示したいだけでグロさを示したくないから。

面白い映画ならではの省略手法である。

 

根拠2の応用として、面白くないマンガ、打ち切りマンガの研究も相当したはずだ。

芥見先生は少年院編で1名死亡の結末を先に書くという諸刃の離れ業をやってのけた。ちょうど打ち切りマンガが失速するあたりでこれを入れてきたので、1つの絶対打ち切り回避ワザだ。

これほどまでの研究に裏打ちされた、呪術の面白さ!乙骨先輩たちも残ってるので、失速はなく、このまま文句無しの看板まで成長すること間違いなしだ!

 

ハクバノ王子サマ感想

 

20代男性だけど30代女性と結婚してて幸せマンだから、割とこのマンガは面白かった。

高校の時に読んだめぞん一刻で歳上好きに刷り込まれたが、このマンガも歳上好き養成マンガとして推奨したい。

 

1.原先生がひたすらカワイイ

原先生(32)には歳上女性の魅力が凝縮されている。

・落ち着いた大人の魅力がある

・若い娘によくある、アホみたいに高い自己評価というか尊大な自己愛みたいなのがない

・ほどよくチョロそうな感じがある

・良い意味でとても人間らしい

歳上女性欲張りセットだ。

 

一方婚約者カオリ(25)は

・女子高に婚約者が転職はイヤ!赴任時の挨拶で「歳下ナシ」宣言しなさい

・25だけどイギリス留学。アタシいないから婚約ねー(束縛)

・貯金は使い果たしたが結婚式は盛大にやりたい

・作中ではアロマ(笑)留学からの、最終話でインテリア(笑)留学。何がしたいかわからないしプータラ遊んでるだけに見える

自分がしっかりしてないのに相手には色々求めてくる。自分大好きちゃんだ。

なんで付き合ったよ?小津。

 

2.30代独身女性のリアル

30代独身女性は大変そうだなぁと思った。

・夫婦や家族を見るたびに、この人たちには愛し愛される人がいると感じるが、同時に自分にはいないと感じて孤独である。

・夜が寂しく、早く朝を願いながらベッドに入る。浮かび来る不安は、考えるな考えるなと自分に言い聞かす。

そんな描写がリアルで、マンガワンのコメント欄にいる原先生と同じ境遇らしき30代女子たちが、自分に重ねてあうあう言ってた。

知らない世界の知らない感情は面白い。

 

3.その他雑記

・小津の原先生に惹かれる過程はよくわかる。ただし小津はいろいろ情けないよなぁ。カオリともっと序盤に別れるか、または婚約までしたからそれが人生と割り切って幸せにするかすればいいのに。

・黒沢許さん黒沢許さん黒沢許さん。

・江川さんが悪い人じゃないのに、原先生にフラれて可哀想。こういう人が結婚できないから少子化なんだ。

・ビール党ならもっと面白く読めるんだろうなぁ(ウイスキー、日本酒党)

 

ウイスキーメモ

最近飲んだウイスキーのメモ

飲み方はすべてトゥワイスアップ。

 

タリスカー10年

スッキリ、少しスパイシー、よく言われる「黒コショウが合う」がよくわかるわー。

うまいんだけど、まだあえてこれを選ぶレベルには俺は達してないぜ!(気軽に飲める感じの味じゃない。上級者向け)

 

・シーバスリーガル12年

うまい!文句なし!ボトルすぐなくなったわ。板チョコのビターによく合う。

スペイサイド系はやっぱうまいわー。華やかかつ飲みやすい。

でも俺はスペイサイドのシングルモルトだと物足りない。それでスペイサイドキーモルトのブレンデッド飲んだけど、欲を言えばあとほんの一癖あれば最高。

十分満足だし価格的にもリピートする。

 

・ノブクリーク

うまい!文句なし!

バーボンのエーテルエステル?みたいなにおいがなくて飲みやすいし、「樽っ!」ってめっちゃ樽の香りがするし、ほかにもなんか甘いような良い匂いがする。

樽の香りがする高い赤ワインからウイスキーに入ったのを思い出した。

バーボンと言えばもう俺の中でこれだわ。理想のバーボン。

常飲したいけど高い。あとはノブクリークに似た安いバーボン探して味と価格の妥協点見つけよう。

 

オールドパー

そう言えば飲んだことなかった。

スペイサイドがキーモルト、甘め、豊かな香り、酸味というかドライさ?みたいなのもあり。このドライさがあんま俺の好みではない。昭和のオッサンたちは好きよね、こういうの。

サントリーオールドがこれ目指してたってのもなんかわかるわ(味は全然違うけど)。これ目指して、和食(刺身とか)にも合うように香りを一つ一つ消してって、味も1300円なりにしつつまとめればサントリーオールドだな。

 

アイラならボウモア、バーボンならノブクリークが好きなんだけど、一番好きなスコッチのスペイサイドとかブレンデッドとかので、ちょうどいいとこはまだ見つからないなぁ。

飲みやすいけど、飲みやすすぎないようなこのラインのやつね。それでいて甘い香りするやつ。で、ボトル3000円未満くらいの。

味的にジョニ黒とシーバスの中間くらいの無いのかな。で、価格はこれくらいの。

 

追記

・ロイヤルロッホナガー12年

うまい!華やかな香り!

「飲みやすいけど、飲みやすすぎない」のラインの良いとこ突いてる!

ハイランドが狙い目なんかね。安売りでボトル3500くらいだったから常飲にはちょっと贅沢かなぁ

葬式の感想

妻の祖母の葬式に出た。

人の葬式に出るのは6歳以来、ひいばあさんの時以来で、自分の近しい人を亡くした経験がないまま29歳になったというのも、自分では割と珍しいと思う。

 

結婚式とほか数回くらいしか会ったことがない。ただ、感じたことを忘れないと眠らないし、忘れてしまうと人生的にアレなので、メモがわりに書く。

 

・出席者が子ども孫世代、当人の思い出もその目線から。

→自分の葬式に出るのは自分の子どもとか、それ以下の世代。2歳の子どもと、まだ産まれてない人たち。なんつーか、自分が当事者になるときの予想が付かない。

 

・死が当たり前であるかのような風潮

→葬儀屋も手馴れた進行で、火葬場も何部屋もあって何団体も同時並行。親族にとっては特別なことで、当人にとっては一度きりのことだが、世の中では当たり前ですよ感。1億人いれば1億の死があるのでその通りなのだが、今日それが初めてわかった。

日頃から、自分の死が恐ろしくて自分でとても受け入れられないし、身近な人の死もそう。それとのギャップ。

葬儀屋とか火葬場が悪いとか寄り添えとかそういう話ではない。

なんつーか、自分が重く考えすぎかもと一瞬思うが、たぶんそんなことはなくて、誰にでも重たい物なんだけど、乗り越え方に結論がなくてスッキリしない感じ。

 

・初めて見る遺体

→安らかな顔。ただ、なんというか気配ってもんは無いのが、初めての経験。

 

・2歳児から見て

→棺を閉めて送り出しをする時に、「最後だよ」と、なぜか理解して言った。まわりがそう言ってて聞こえたとかでもない様子。

→妻やら親族やら泣いてる中、「おばあちゃん泣いてるね」と言う。特に出席者の親族のおばあちゃんは泣いてなかったようだったし、送り出されるおばあちゃんは安らかな顔だが、そう2歳の息子は言っていた。たぶん、おばあちゃんも最後の別れでみんなと一緒の気持ちだったのを、息子には見えたんじゃないかな。

→みんなで手を添えて棺のフタを閉める時に「近くに行きたい!」と要求。なんか理解してたらしい。

 

言の葉の庭、感想と考察!鬱病目線からするとすげえ!

言の葉の庭を見ました。新海作品すげぇ!っていう普通の感想。それと、元鬱病からするとユキノにめっちゃ共感できるところが多くて、描写がリアルすぎてすげえ!って感想があります。

 

鬱病の描写がリアルすぎ!

鬱病になると味わかんなくなります。マジで。だから味の濃いものを食べてみるんだけど、俺の場合は普段食べないスナック菓子を食べてみるんだけど、味のない砂利を噛むような感じで、食による幸福感満足感を感じなくなります。チョコレートとビールがあって良かったねユキノ!たぶんこれに行き着くまでにユキノは色々試してるし、味がわかる嬉しさからチョコ大量買いしたんだと思います。

→部屋の汚さ、朝の起きられなさの辛いときの感じ。卵焼きを作るとかペディキュアが足に塗ってあるとか調子がいいときの感じ。晴れの日の御苑でカップルに遭遇した時の、いつもと違う居心地悪い場所に感じてしまう感じ。全部わかります。ユキノに関する些細な描写で、調子が今何パーセントなのか数値でハッキリ見えるくらいわかる。

→よってユキノをひたすら応援したくなる。

 

・最初に会った時に、和歌を言う

→自分のことは何も言わない割に、自分の正体に気づいてほしかった。

 

・ユキノが元カレに電話で相談するとき、タカオを「公園で会うおばあちゃん」と言っている

→元カレへの配慮。つまり、ユキノはタカオを男性として意識はしている。(タカオが思ってる「子ども扱い」ほどではない、というだけ。好きかどうかは別問題)

 

・最後、マンションにて

→人のためにアイロンがけ。人のためなら鬱病でもなんか動けるよね(共感)

→オムライスは味がする

→タカオに告られる。赤面

→「ユキノさんじゃなくて先生でしょ」は、「一人で歩ける練習」という側面から、まだ自分は先生でありたいという意味もある。単にタカオとの関係性で先生生徒を保ちたいとか、それだけの意味ではない。

→フラれたらサッサと出ていくタカオ笑

→コーヒーは味がしない

→後悔なくいろいろ伝えて終わり。このまま別れだと後悔するので抱きついて食い止めて。

 

変な話、恋物語なのはタカオ目線だけじゃないかな。ユキノからは鬱病から立ち直る物語だとも思う。

秒速5センチメートルは寝取られじゃない!考察と感想!

秒速五センチメートルの考察と感想

 

君の名は。が面白かったわけですが、秒速五センチメートルも見てみたので感想と考察を。

新海誠は寝取られエンド好きでハッピーエンドには意地でもしない鬱映画製造マシーンの鬼畜と聞いていたが、この作品はそうでもないなと。くっつかないのは事実だけど、寝取られっていうよりも、男女の違いアンド自業自得だと思ったので、そこまで鬼畜とは思わなかった。

その根拠などを以下に書きます。

 

1.タカキとアカリの意識の違い(男女の過去の恋愛に対する意識の差)

第3話(大人になってから)において、第1話(中学校のころ)のことを2人は夢に見た。それをこうモノローグしている。

アカリは「あの時私たちは子どもだった」、タカキは「あの時僕たちは13歳だった」。まずこの差がある。

また、「昔の夢」というセリフはアカリの声でしか言われていない。

この2点から推察するに、この2人は13歳の頃の出来事を

アカリ→今とは違う、昔の恋の話

タカキ→今と地続きの、何年か前の話

という認識の差が見てとれる。

男女の昔の恋愛は、女→上書き保存、男→名前を付けて保存、とはよく言ったものだ。

 

2.ハッピーエンドには?

何がハッピーかは知らないが(本作でもアカリは幸せそう、タカキはスッキリした顔)、とりあえずこの2人がどうしたらくっついてたか、どうすればタカキはアカリを射止められたか考えてみた。

 

①第1話の桜花抄

アカリは「タカキ君<は>大丈夫だと思う」と別れ際に言った。それに対してタカキは「手紙書くよ!」など。う〜ん、恋愛マスターの俺からすると60点!

その手前で、中学校に入る前のアカリがタカキに転校を伝える電話でタカキは学んだはずだ。

「自分も辛い、だが相手はもっと辛い。そこで相手を泣かせることを言った後悔」を。つまり、「相手が辛い時にはもっとかけるべき言葉がある」のだ。

また、アカリの内向的な性格やら、自分が想像するアカリはいつも1人だとか、そういうところも踏まえた上で、「タカキ君は大丈夫」の「は」は、限定の「は」とも取れるもの。つまり、アカリは大丈夫じゃなさそうなのだ。そしてタカキがアカリを守ったことが小学校の時もあるし、それ込みでここまで仲良しなんだろう。

あの時のタカキの正解は「俺が守るよ」「俺がついてるよ」的なことも言えば良かったんじゃないかな。痛いけどまあポエムを自分の中で言うよりかは、相手にもうちょっと思いやってなんか声かけてあげようよ。

 

②第2話

中1で手紙書くよ!とか言ってる割に、高校の第2話では「いつからだろう、誰にも送らないメールを打つようになったのは」

 

 

送れよ!

 

マメさとか大事だろ!送れよ!

夢で会えただけで満足すんなや!

この隠キャ特有の恋愛自己完結脳がアカンかったかなあ。

 

③大学以降

1)タカキにも3年付き合った女性がいる。好きでもないのに付き合うなよ、しかも3年も。3年も付き合ったのは、第2話を見るに、女はずっとタカキが好きだが、タカキは優しさでふれずに延命しちゃった感じだろ。そこはワガママ言えや。

2)たぶんアカリに連絡してないだろ、第2話の感じも見るに。大学からは行動範囲広がるから会いたいだけ会えるだろ。

 

以上のことから、なんかタカキの自業自得感あるんよなぁ。

だから寝取られエンドっていうのも違う。釣った魚に餌あげずに捨てられたくらいだよなぁ。

 

あ、映画は全編通じて面白かったです!

ただ、この映画みて失恋だ寝取られだー鬱だーと新海誠に言うのは違うよなぁ、という感想文でした。

 

 

#追記、アカリは振り返っていたか?

上の記事はほかの感想記事、考察記事を見ずに、映画だけみて書いたんですが、考察記事見ると「アカリは小田急の踏切の向こうで振り返っていたか?」が論点にあります。

結論から言うと、「振り返っていたが、タカキを確認せずに立ち去った」が私の持論です。

小学校の時から互いに通ずるものがあるんだから「今振り返ったら相手も振り返る」というタカキのカンはそうなんでしょう。そこは運命を信じたいよね。踏切渡った直後ならアカリも振り返っていたと思います。

ただ、踏切で電車は反対方向からの矢印も点灯し、2台横切りましたよね。その2台目のうちにでもアカリは立ち去ったんでしょう。だって、前述の通り、タカキとの恋はアカリにとって昔の話なので、あえて確認するほどでもないので。

 

秒速5センチメートル全編で表現された「2人の距離感」からするに、アカリが振り返りもせず立ち去るのは、距離がありすぎるかなと。映画全編を通じて考えると、「アカリは振り返っていたが、タカキを確認せずに立ち去った」ぐらいが、この作品にとってちょうどいいものだと思います。